先生

手軽に顔のたるみやほうれい線を改善したいなら|美容整形を受けよう

美容整形の費用

婦人

フェイスリフトとプチ整形

美容外科でほうれい線のたるみをなくす美容整形をする場合、最初に確認したほうがいいのが、一回あたりの治療費と、治療を続ける場合のコストパフォーマンスです。ほとんどのほうれい線のプチ整形は、効果が限定的です。効果がなくなってしまうと、もとに戻るケースが多いです。ほうれい線を半永久的になくしたいなら、本格的な美容整形手術を受けるか、継続してプチ整形を受けるかどちらか選択する必要があります。美容医療にかけられる年間予算をあらかじめ算出しておいて、無理なく続けられる範囲の治療を受けることが大切です。「フェイスリフト手術」の場合は、一回の手術費用が麻酔代やアフターケア込みで80万円〜120万円するのが一般的です。一回の手術費用は高めですが、たるみの解消効果が半永久的に続くのがメリットです。まれにとても安い手術費用でフェイスリスト手術をしている美容外科もあります。費用は安いに越したことはないですが、安いとたるみのリフトアップ効果が少ない、または効果が続かない場合もあります。沢山の美容外科に行って見積もりをもらってみて、適正な費用で手術をしているクリニックを見極めることが大切です。また、費用だけではなく、手術経験が豊富な医師がいるかや、アフターケアをしっかりしてくれるかどうかも、クリニックを選ぶときの大事な基準となります。一回あたりの費用がフェイスリフト手術よりも安いのがプチ整形です。「ヒアルロン酸注射」は、ほうれい線のプチ整形を希望したときに、まっさきに提案されることが多いたるみ治療です。ヒアルロン酸をほうれい線のしわに少しずつ入れて埋め込むことで、口もとのたるみが解消します。ヒアルロン酸注射の費用は、注入するヒアルロン酸の量によって左右されます。浅いほうれい線を埋め込む場合は5万円〜10万円、深いほうれい線を埋め込む場合は10万円〜20万円が相場です。ネットを見ると「ヒアルロン酸注射初回1万円」などのキャンペーンをしているクリニックも多いです。そういうキャンペーンは、お試し感覚でヒアルロン酸を打ってみたい初心者にお勧めです。麻酔をするかしないかによっても、ヒアルロン酸注射の費用が違ってきます。ヒアルロン酸注射でする麻酔の種類は、麻酔シールやクリーム、ガス麻酔などです。麻酔シールや麻酔クリームを希望すると、プラス千円くらい費用に加算されるのが一般的です。ガス麻酔の場合はプラス3千円〜5千円ほど加算されます。または麻酔薬入りの痛くないヒアルロン酸もあります。麻酔ができるかできないか、または麻酔薬入りのヒアルロン酸注射があるかなどは、治療を受ける前にクリニックに確認しておくことが大切です。ヒアルロン酸注射の埋め込み効果が持つのは半年〜1年と言われています。持続させたい場合は、効果がなくなる頃にヒアルロン酸を再注入して埋め込む必要があります。長持ちさせたいなら、長期持続型のヒアルロン酸注射がお勧めです。普通のヒアルロン酸注射よりも高いですが、持続力が高まるのがメリットです。種類によっては2年〜3年ぐらい持つのでコスパは抜群です。